株式会社カネマル

株式会社カネマル

お知らせ

2022-06-23 11:08:29 【お知らせ】

平年1日遅れも、久々の日照で伸びやかに!

オホーツク海高気圧の影響もあり、今年も低温・日照不足が続く6月でしたが、やっと太陽が戻ってきて気温も上がり始めました。 先日報告された作況調査では豆類は基本的に1日以上遅れの状態でしたが、ここにきて一気に伸び始め、今週末は30度超えの予報。順調に育ってくれるといいですね。 ただ、昨年はここから高温続きで干ばつになったことから、まだまだ安心はできないところです。 天気相手、自然相手とはいえ、どうしても一喜一憂してしまうのは、生産者をはじめ地域全体の作物にかける想いが強いということだと感じております。 秋に豆で日本中が笑顔になることを、心より祈ります。

2022-05-18 16:30:11 【お知らせ】

お待たせしました! 小豆の播種がスタート

週末に向けて、雨が降りやすい予報ということもあり、各所で小豆の播種が始まりました。 今年は「天候が少し進んでいるから早めでも」という話や「例年通り20日過ぎで」など各地・各農家で時期のバラつきが多い印象ですが、そこは天気相手。昨年よりは雨に恵まれて、どの畑でも安定した収量になることを今から願うばかりです。 今回お邪魔した畑では「きたろまん」小豆を約5ha播種。株間約18センチ・深さ約3センチで行きますが、やはり播き始めは恒例の「メジャーで計測」になります。 天気は炎天下ではありましたが、GPS機能やエアコンで、トラクターのキャビン内は快適そのもの!横に乗せていただいての撮影でしたが、いつ乗ってもトラクターの粘り強い走りが頼もしく、時速5キロで片道500mほどをスイスイと走っていきます。 一方、播種機に乗って状況をチェックする方は、地温や埃で大変なことに・・・。播種は土中の仕事なので、トラブルがあって播かさってなくても後から目で見て確認することができません。機械がどれだけ最先端になっても「人の目で随時確認」は大切です。 この後は、土壌処理等が終われば一息ついて、6月からはいよいよ金時系の出番となります。そして、7月20日にもなれば小麦の収穫。十勝の短くも暑い夏がいよいよ始まります。  

2022-05-12 08:24:00 【お知らせ】

大豆・黒大豆の播種が始まりました

今年も、豆の播種は大豆を皮切りにスタートしました! 晴天続きで畑の土が乾燥しすぎて、耕起するたびに砂嵐のような光景が多かったこの頃。 何度かに分けて恵みの雨も降り、やっと少し気持ちが落ち着きましたが農繁期は始まったばかり。     今回撮影させていただいたのは「黒大豆(黒豆)」の播種。1ha分を快調なスピードでこなしていきます。 後ろの作業機に乗っている方は、播種の状況や種子の残量を確認する仕事をしており、トラクターの運転手よりも炎天下のなか大変な作業。 皆さん、ばっちり日焼け対策をして乗り込んでいます。     収穫期は10月頃を予定ですが、9月初旬に農家さんにお邪魔すると「食べるか!」と言われていただく「枝豆」も心待ちにしつつ、今年は少雨に悩まされない年になることを切に祈ります。      

2022-04-22 07:41:18 【お知らせ】

4・5月大型連休中の休業について

日頃より弊社をご利用、当ホームページをご覧いただきありがとうございます。   4月29日、5月3日~5月5日・8日は、弊社受付をはじめ全業務を休業とさせていただきます。 ネットショップの発送手続きも同様の対応となりますのでご了承ください。

2022-02-21 10:46:11 【お知らせ】

令和3年産大豆販売開始と紙袋30㎏価格の値上げについて

日頃より、弊社ネットショップ「まめばたけ」をご利用いただきありがとうございます。 大変お待たせいたしました。令和3年産大豆の販売を開始いたしましたので、ぜひお求めください。   また、運賃増と運送会社様の配達重量の関係により、まことに申し訳ございませんが、小豆・大豆における紙袋30kg販売価格を値上げさせていただきました。 お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解ご協力を賜れれば幸いです。

2021-12-10 08:43:27 【お知らせ】

年末年始休業及び小口発送スケジュールのご案内

日頃より、弊社業務にご理解ご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。 さて、年末年始の休業につきましては、下記のとおりとなっておりますのでお知らせいたします。 休業期間:2021年12月28日(木)~2022年1月4日(火)   また、豆の小口発送については、下記案内文の通りとなっておりますので、予めご確認いただければ幸いです。 年末年始発送案内(PDF) 朝晩の冷え込みが厳しい時季となりましたが、皆様におかれましてはお体をご自愛いただき、良い年末年始をお迎えください。  

2021-10-26 16:58:53 【お知らせ】

弊社小豆使用 栂安信子先生あんこレシピがChai11月号に掲載!

十勝の皆さんにはおなじみ「Chai」11月号の特集は「あっぱれ!十勝のあん」。 ということで、あんこと言えば小豆、小豆と言えばカネマル・・・とは恐れ多くて言えませんが(笑)。 当HPにレシピやコラムを寄稿していただいている栂安信子先生からのご依頼があり、弊社の小豆を調理・撮影に使用していただきました。もちろん、商品には自身がありますが、撮影用となれば少しだけ”手より”させていただいております。 おなじみ「炊飯器調理」で気軽に作れるレシピは「自分で気軽に美味しいものが作りたい」人の強い味方ですよね。 ※当HPにも掲載されてますのでチェック⇒https://tokachi-kanemaru-mame.co.jp/news/280 カラフルな7色おはぎもなんとも可愛くて、こんなお菓子をつくれたら素敵ですよね。豆屋としては、これは近々調理にトライして従業員みんなで食べてみたいと思います。 市販のお菓子や贈答品としては口にする機会の多いあんですが、このレシピを見て一人でも多くの方に「気軽に美味しいあん作り」が広まることを願うとともに、弊社も普及に努めてまいります。 これからも、栂安先生、豆、カネマルをどうぞよろしくお願いします。  

2021-10-01 15:20:49 【お知らせ】

可愛いけど少しお高いヤツ...虎豆入荷しています!

独特な模様とぷっくらした見た目が可愛い「煮豆の王様」、虎豆が入荷しました。 今回は、弊社東工場責任者の鈴木さんのコメントと調整風景を交えてお伝えします。     ―ずいぶんと豆が機械の上で踊っていますが、これは何の作業ですか。 これは、比重選別機といいまして「豆の重さに応じて、風・振動・傾斜によって分別する」機械です。唐箕(とうみ)でゴミなどを取り除いて集まってきた豆ですが、割れや異形のものがあったり、実は同じ大きさに見えていても実の詰り具合である「比重」が異なるものがあります。そこで、この比重選別機を通すことで良い豆を基準としてその比重より極端に軽い物や細かなごみを取り除くことができます。     ―なるほど、目に見えない状態の違いを見極めるのに大切な工程ですね。この後はどいう流れになりますか。 虎豆における最難関!「水分調整」が次に待ち受けています(汗)。豆は通常、水分が高い状態で入荷されますが、保存時の品質維持や袋詰め後の分量変化を最小限にするために、既定の水分まで下げます。ところが虎豆は皮がとても繊細で、加減を間違うと皮が一気に割れ始めます。「煮豆の王様」で白花豆・紫花豆とともに「高級菜豆」と呼ばれていますから、皮割れは商品価値に大きく影響します。     ファンが一定の方向から空気を吸いだすので、豆も定期的に攪拌して偏りが出ないようにします。豆も平らに入れるのではなく、タンクの形状や風圧を考慮しながら厚みを変えるなど、とにかく気を遣います。     ―それは責任重大ですね! 無事乾燥が終わったら手より選別を経て出荷になりますか。 はい。高級菜豆については、機械で出来ることはここまでで、あとは手よりさんの目と手にお任せすることになります。秋から年末にかけて虎豆は引き合いが強く、新物を待ち望んでいる方が多い豆です。入荷後、出来るだけ早く市場に送り出すためにも「急ぎつつ焦らない」作業を心がけてまいります!        

2021-09-20 16:36:25 【お知らせ】

小豆の収穫がスタート! 金時はラストスパートです

金時・手亡・中長うずらなどの「いんげん系」から続き、とうとう小豆の収穫が始まりました!     今日取材した生産者さんは、清水町熊牛地区で畑作を営む土橋さん。 早生で扱いやすい品種で、これから普及の期待される「ちはやひめ」約1ヘクタールの収穫です。 今朝は気温もそれなりに上がり、午前10時頃からは乾いた風も吹いて絶好の小豆収穫日和に。 収穫から脱穀まで一括で作業ができる「コンバイン」で快調に作業されていました。     機械の中を見せていただくと意外と「あっさりな構造」にビックリ。 あまり複雑だったりギリギリの調整をする機械は「扱いにくく詰まりがおきやすくなる」とのことで、豆自体にも機械の力がかかりすぎて良くないとのこと。 省スペース・コンパクト化がもてはやされる現代ですが、農作業機械においては「シンプルでトラブルが少ない」ことが収穫期の”時間勝負”の際に心強いパートナーのようです。     小豆の入荷が始まることから、カネマルの工場も秋の本格稼働が始まります。 生産者の皆さんのお越しを、社員一同お待ちしております!    

2021-08-21 14:01:15 【お知らせ】

大正金時の収穫が一部スタートしました!

猛暑、豪雨など不安定な天気が続いた日本列島。 北海道も干ばつ気味で作物への影響が懸念されているところですが、畑も色づき始めて本格的な収穫シーズンを迎えようとしております。 さて、本日は弊社がお取引させていただいている十勝清水町熊牛地区の生産者さんの畑で、大正金時の収穫が一部スタートしました。 ※作況状況はこちらをチェック → 十勝安心作物の会(http://kanetakanemaru.sakura.ne.jp/menu05/mame02.html)     朝露が乾いた頃から刈り倒し、昼前からビーンスレッシャーで収穫。ファームダンプに勢いよく音を立てて流れ込む大正金時が晴天に照らされて輝いていました!     本格化まではまだ1週間はかかるかと思われますが、こうして豆の顔をみることができると「うれしさ」と共に「緊張感」も湧き上がってきます。     カネマルは小麦の調整を終え、本格的な「豆シーズン」に突入していきます。 今年も、沢山の豆たちとの出会いを大切に「ひとつぶ、ひとつぶ」と向き合ってまいります。